-目次-

これからキャバクラで働きたいという方におすすめしたいのが、キャバクラ派遣という勤務形態です。
そもそも、キャバクラ嬢の勤務形態ってどんなものがあるの?という方向けに、今回はキャバクラ嬢の「派遣」と「在籍」の二つの勤務形態について徹底比較します。

  どう違う?派遣と在籍を徹底比較!

キャバクラの勤務形態は、一昔前は特定のお店に所属して勤務する「在籍」の働きが一般的でした。

しかし、キャバクラが増えるにつれどうしても在籍のキャバクラ嬢の数が足りず、ヘルプが必要なお店が増えてきました。
そこで登場したのが派遣のキャバクラです。

在籍のキャバクラ嬢は、一つの店舗に所属して働くため、成績によっては大幅な時給アップや歩合で稼ぐことができます。
その代わり、ノルマや罰金があり、出勤日数も契約で定められている場合もあります。

それに対して派遣のキャバクラ嬢は、ノルマや罰金が無く、自分の自由な時間に働けるという違いがあります。
働きやすさは人それぞれなので、自分に合った方を選ぶのが一番です。

  本業でしっかり稼ぐなら在籍キャバクラ嬢

在籍のキャバクラ嬢は、働きやすさの自由度で言えば、派遣のキャバクラ嬢より制約が多いですが、指名を取り、売上げの成績を伸ばした分がバックや時給として返ってくるのが最大のメリットです。

頑張った分だけ収入に繋がるので、キャバクラの仕事を本業にしてとにかく稼ぎたいという方は、在籍を選ぶのがおすすめです。

しかし、在籍のキャバクラ嬢は稼げる分だけ競争も激しいのが現実。
ノルマを達成できなければペナルティーがあり、キャバクラ嬢同士の成績争いも激しいです。

また、お店によっては入店の際に最低でも週何日勤務できるか決めなくてはならず、契約した日数出勤できない場合は罰金や、仕事を干されたりすることもあります。
頑張り次第で稼げる分、ノルマや制約も多い、ハイリスクハイリターンなのが在籍のキャバクラ嬢の特徴です。

  成績を気にせずゆるく働くなら派遣が一番!

自分に合った働き方で、ノルマや時間に縛られない、働きやすさ重視の方には、圧倒的に派遣の方がおすすめです。
派遣キャバクラにはノルマ・ペナルティがない!

派遣のキャバクラ嬢と在籍との違いは、成績を求められない事です。
基本的に派遣のキャバクラ嬢はヘルプとして毎回違うお店に派遣されるため、そのお店の売上げには特に関係ありません。
キャバクラ派遣は毎回違うお店に派遣されるから連絡先を交換する必要ナシ!

そのため、ノルマに縛られることなく、自分の好きな時間に働くことができるのです。
成績が無いという事はその分バックもありませんが、自分に合った働き方で安定した高時給が稼げるという点が在籍との違いです。

本業を他に持っているなら、派遣のキャバクラ嬢として働く方が、無理なく高収入を得られるでしょう。

キャバクラ派遣の平均時給はどれくらい?

キャバクラ派遣が一般的になり、ダブルワークのキャバクラ嬢として派遣で働く方も増えてきました。
キャバクラの仕事で気になるのは、やはり収入面です。

特定のお店で働く、いわゆる在籍のキャバクラ嬢と、派遣のキャバクラ嬢はどれくらい収入が違うのでしょうか?
二つの勤務形態の平均時給について調べてみました。

  派遣と在籍、平均時給はどちらが高い?

高収入が魅力のキャバクラ嬢ですが、全くの未経験から始めた場合、実は平均時給は在籍も派遣もさほど変わりません。
一般的なキャバクラ嬢の時給は3000円程度と言われており、売上げや成績によって時給が上がったり、歩合がついたりすることで収入が上昇していきます。

そのため、時給という面から見ると、ごく一部の稼げるキャバクラ嬢を除いては、在籍も派遣もあまり収入面では大差ないという結果になります。

むしろ、ノルマや罰金があるお店に勤務しているキャバクラ嬢は、給料から罰金が引かれる事で、キャバクラ派遣よりも時給が低くなってしまうというケースもあるのです。

  キャバクラ派遣の平均時給

キャバクラ派遣の平均時給は、大体2500円から3000円程度が一般的です。
その金額はお店の格や規模によって決まりますが、お店によっては時給5000円程度とかなりの高時給の場合も。

高時給のお店は、その分キャバクラ嬢のレベルも高いものが求められるので、過去にキャバクラ勤務を経験していた方や、容姿の優れた方が優遇される傾向があります。

キャバクラ派遣は営業やノルマが無い分歩合も付かないので、稼ぎたいならできるだけ高時給のお店に派遣されるようにすることが大切です。

派遣サイトに登録する際に、容姿や経験、コミュニケーション能力などを面接で判断されるので、面接の際はできるだけ印象を良くするように努めましょう。
派遣サイトに登録前に知っておきたいこと

  派遣のメリットは時給よりも安定性?

キャバクラの仕事でとにかく稼ぎたいなら、本業としてキャバクラ嬢をするという選択肢がおすすめですが、罰金やノルマがある分、安定して確実に稼げるかというと難しい面もあります。

派遣のキャバクラ嬢はバックや歩合はありませんが、時給分を全額日払いでもらえる場合がほとんどなので、安定して稼げるという点が優れています。
キャバクラの仕事を本業にはできないけれど、安定して高時給を稼ぎたいという方には、派遣の方が向いていると言えるでしょう。

キャバクラ派遣のデメリットが知りたい!

キャバクラの仕事は、指名や売上げによってバックが付くため高収入を得やすい仕事です。
しかし、最近人気のキャバクラ派遣は各種バックが無いため、時給以外の部分では稼げません。
在籍のキャバクラ嬢と比較して、キャバクラ派遣はどれくらい稼げるか調査してみました。

  各種バックがないのはキャバクラ派遣のデメリット?

指名バックやドリンクバックといったボーナスは、派遣はつかないことがほとんどです。
しかし、それがデメリットかというと、そうとは限りません。

在籍のキャバクラ嬢は、各種バックがある分、売上げのノルマがあります。
ノルマをクリアできなければペナルティがあるため、在籍のキャバクラ嬢はお客様からの指名や同伴を獲得するために営業活動に必死です。
指名を取れないキャバクラ嬢は、お店からも干されがちになり、時給も上がらないどころか、罰金で収入も減ってしまいます。

その点、派遣のキャバクラ嬢は各種バックがない分、罰金やペナルティもありません。
そのため、働いた分の時給をそのままもらえるのがメリットです。
バックがないからといって、それが稼げないデメリットにつながるとは言えないでしょう。

むしろ、時給アップやバックのための営業活動をしなくて済む分、派遣の方がより自分のペースで高時給を稼げるのです。

  本業向きの在籍と、副業向きの派遣

キャバクラで働く上で、まず考えたいのはキャバクラ嬢の仕事だけで稼ぎたいのか、副業として高時給を稼ぎたいのかということです。
キャバクラの仕事に対する働き方のスタンスの違いで、本業にするべきか副業にするべきかが変わってきます。

在籍のキャバクラ嬢は、とにかく頑張った分だけ収入がアップするのが魅力です。
お客様からの指名が増えれば、時給も歩合もどんどん増えていきます。
人気キャバ嬢にもなれば時給5000円以上は当たり前で、月給にすると1000万以上の収入を得ているキャバクラ嬢もいるほどです。

もちろん、そこまで上り詰めるには並大抵の努力では難しいですが、キャバクラの仕事で本気で稼ぎたいなら、店舗に所属するキャバクラ嬢で頑張るのが一番です。

それに対して、派遣はどれだけ頑張ってもバックがないため、時給以上の収入には反映されにくいです。
お店によってはバックやボーナスをもらえるところもありますが、基本的に派遣の仕事は毎回違う店舗に勤務するので、そうしたボーナスは派遣はつかないことがほとんど。

そのため、本業を別に持っている方が副収入として割のいい仕事をしたいという場合は、キャバクラ派遣を選ぶのがおすすめです。

  キャバクラ派遣と在籍のまとめ

【 在籍 】

・指名や売上げ成績を伸ばせば、大幅な時給アップや歩合で稼ぐことが可能
・ノルマを達成できなければペナルティーがある
・キャバ嬢同士の成績争いがある
・指名が取れなかったり、給料から罰金が引かれると時給が低くなってしまうケースがある
・本気で稼ぎたいならおすすめの働き方

【 派遣 】

・ノルマや罰金が無く自由な時間で働ける
・営業やノルマが無い分、歩合で稼げないので時給以上は稼げない
・罰金やペナルティーがないので安定して高収入を得られる
・本業を他に持っている人におすすめの働き方