キャバクラの仕事に興味はあるけど、お客様との連絡先交換は面倒だと思っていませんか?
そんな方には、キャバクラ派遣をおすすめします!
キャバクラ派遣なら、お客様との連絡先交換は必要ないんです。
どうして連絡先交換をしなくて大丈夫なのか、キャバクラ派遣の仕事のシステムについてまとめました。

  派遣のキャバクラ嬢は連絡先交換NG!

キャバクラ嬢といえば、お客様の連絡先を積極的に聞いて、営業メールをガンガン送って指名をゲットするというイメージがあります。

でも、それは在籍で働くキャバクラ嬢だけの話です。
派遣のキャバクラ嬢とは営業の有無という点で大きな違いがあります。

在籍のキャバクラ嬢はノルマがあり、お客様から多く指名をもらう事でボーナスや歩合を増やして高収入を目指します。

しかし、派遣のキャバクラ嬢はあくまでもヘルプの仕事でお店に派遣されるので、お客様との連絡先を交換する必要がありません。
それどころか、連絡先の交換は固く禁止されている場合がほとんどです。

どうして派遣のキャバクラ嬢が連絡先を交換してはいけないかというと、キャバクラの世界には、ヘルプでついたお客様と連絡先を交換してはいけないという暗黙のルールがあるからです。

派遣のキャバクラ嬢が接客するのは、そのお店に在籍しているキャバクラ嬢のお客様ばかりです。
お店や派遣会社とのトラブルを防ぐためにも、絶対に連絡先の交換は避けましょう。
在籍と派遣キャバ嬢の違いを知ってお店でどう振る舞うべきか考えよう

  お客様に連絡先を聞かれたらどうすればいい?

お店にやってくるお客様からすれば、自分についてくれる女の子が在籍か派遣かどうかを判断するのは難しいです。
そのため、連絡先を聞かれることはよくあります。

しかし、連絡先を聞かれて「規則で教えられません」と冷たく断ってしまっては、その場の雰囲気を悪くしてしまいます。

おすすめの断り方は、冗談っぽく軽くあしらうことです。
ヘルプでついたキャバクラ嬢の名前を出して「○○さんに怒られちゃいますよ~」という感じの言い方で、浮気したらだめですよと可愛く注意してみましょう。
ほとんどの場合、この方法で上手くかわすことができます。

けれど、中には酔っぱらってたちの悪いお客様に当たってしまうケースもあります。
どうしてもしつこく連絡先を聞かれた場合には、お店のボーイなどにこっそり助けを求めましょう。

そのお店のボーイなら、厄介な客に対する対応も心得ているので、トラブルを回避することができます。