全国に星の数ほどあるキャバクラでは、月に数百万も稼ぐような人気キャバクラ嬢になるのはほんのわずかです。
そのため、各種バックのないキャバクラ派遣は在籍に比べて稼げないのでは?という疑問をお持ちの方もいます。

しかし、キャバクラ派遣はある条件を見極めることで、在籍のキャバクラ嬢よりも稼ぐことができます。
キャバクラ派遣で働く上で、絶対に抑えておくべきポイントを紹介します。

  キャバクラ嬢の大敵、待機と早上がり

キャバクラ業界には「待機カット」という言葉があります。
待機カットとは、接客していない時間は時給が発生しない、もしくは時給が下がってしまうシステムの事を指します。
待機カットが発生すると、せっかく出勤していても全然稼げなくなってしまうので、キャバクラ嬢にとっては死活問題です。

また、あまりにお店が暇だと店内のキャバクラ嬢が余ってしまうため、早上がりさせられる場合もあり、この時早上がりの候補に真っ先に挙がるのが派遣のキャバクラ嬢です。

このように、待機と早上がりがあると、勤務時間に対して実際に発生する時給が少なくなってしまいます。

しかも、待機カットや早上がりは本来の勤務時間や時給の内容と違ってしまうので、自分の給料がどれくらいだったかを把握しづらいというデメリットもあります。

  稼ぎたいなら保証の長いお店を選ぼう

わざわざ出勤したのに待機や早上がりで稼げなかったら損した気分になりますよね。
でも、派遣のキャバクラ嬢は、毎回違うお店に出勤します。
そのお店が繁盛しているかどうか、どの時間ならお客様が多く、待機カットや早上がりにならないかというのは、判断するのが難しいです。

そこで、キャバクラ派遣で気を付けたいポイントが、保証時間の長さです。
保証時間とは、確実に働けるように保証されている時間の事です。

たとえば、どれだけお店が暇でも、保証が4時間の仕事なら、必ず最低でも4時間は働いて、その分の時給を手に入れられることができます。

派遣のキャバクラ嬢の時給は大体3000円程度が平均です。
たった1時間働く時間が短くなっても、1日で稼げる金額は大きく変わります。
保証時間がない、もしくは短いお店だと、お客様がいない場合、派遣のキャバクラ嬢はすぐに帰らされてしまいます。

そのため、しっかりと長く働きたい場合は、保証の時間が長いお店を選ぶのが一番です。
ほとんどの派遣サイトは、その日の仕事場を探す際、きちんと保証時間を明記しています。

収入に直結する大切なポイントなので、保証時間の有無や長さはしっかり確認しておきましょう。
派遣キャバクラのメリット・デメリットを知った上で働こう